プロフィール

このエントリーをはてなブックマークに追加

「あんた誰?プロのトレーナーじゃないよね?・・」

⇒ そうです、私はただの おじさんです・・

堀川春広はじめまして、私は株式会社ホリページ代表取締役の
堀川春広と申します。43歳の中年おじさんです。

仕事は、ウェブサイト制作や広告代理店業を営んでおります。

つまり、あなたと同じ、普通のデスクワーカーです。
サラリーマンも長年、経験いたしました。

・・・いや・・実は、

ちょっと「普通のデスクワーカーではない」のです・・

なぜならば、

■私は『世界中で誰よりも動かないデスクワーカー』だからです

ネットを通じて世界中のお客様からお仕事をいただきますが、集客や応対等は全てメールや電話で済むため、対面で直接お客様に応対することはありません。せいぜい、たまに来る宅急便の配達員さんくらいです。

そして、弊社は私の自宅が会社のため、

■職場への通勤すらないのです

仕事中に動くといえば、トイレまで歩いて行って、便座に座って用を済ませ、また立って手を洗って、歩いて仕事部屋まで戻るだけ・・

そして、一度だけ食事のためにキッチンダイニングに歩いて行って、イスに座って食事を済ませ、また立って歩いて仕事部屋まで戻るだけ・・

通勤が無く、

■仕事中の運動量はほぼゼロなのです・・

こんなワーカーは、世界広しと言えど、私くらいなものでしょう。

もちろん、他にスポーツの趣味があるわけではありません。

そんな私が、ここまで結果が出せたのですから、

あなたにもできない理由はありませんよね・・・

pf2

■食べる量を半分に減らしているのに!どんどん太っていく地獄のような恐怖!

30代も半ばを過ぎたころから、仕事が完全にデスクワークのみになりました。

前述しましたように、通勤無し・接客無しで、トイレと食事の時以外は、まったく動きません。

そうなれば当然、同じ食事量では太って当たり前ですよね。

でも、実は私が若いころは、痩せ型でそれが少しコンプレックスだったのです。そのため、少しくらい肉付きが良くて、かっぷくが良いほうが「貫禄があってカッコイイ!」というくらいにしか思っていませんでした。

しかし、それが40代に入ると、そんなことも言っていられないくらいに太っていきました。

とんでもないペースで太っていくので、「さすがにこれはマズイかな・・」と思い、ダイエットを始めたのです。

体重90.7キロ、体脂肪率30.3%にもなって、やっと危機感が出てくるという、なまけ者のダメ人間でした。

まずは、あなたも思ったはずですが

■「食べる量をちょっと減らせば痩せるだろ・・」

と、ご飯の量を減らしたり、お酒の量を減らしました。

すると、しばらく体重は安定し、「あ~良かった!」と思います。

しかし、しばらくした後に、

■なぜか同じ食事量なのにまた太っていくのです

「ん?まだ多いのか?・・」と、さらに食べる量を減らしました。

すると、しばらく体重は安定し、「あ~良かった!」と思います。

しかし、しばらくした後に、なぜか同じ食事量なのに、また太っていくのです。

「ウソだろ!」「体重計が壊れたんだろ!」と思い、別の体重計で計ってみましたが・・・

「ゲゲ!やっぱり増えてる!なんで!?!」

本当にあせりました。

そして、ダイエットの研究を少しずつ始めて、

■「やっぱり運動してカロリー消費かな?・・」

と思い、腕立て・腹筋・スクワットなどの、お決まりの運動を始めました。

すると、しばらく体重は安定し、「あ~良かった!」と思います。

しかし、しばらくした後に、

■なぜか運動量を増やし・食事量を減らしたのにまた太っていくのです

「ウソだろ!俺の体はいったいどうなってしまったんだ~!!!」

恐怖に震えました。

「運動もしてる、食べる量も半分に減らした・・・」

「それなのにドンドン太っていく・・・」

「どうしたらいいんだ!!!・・・・・・」

こんな恐ろしい体験は始めてでした。

■病院で診察を受けようかとも考えました

「いや!さすがにそんなことで病院に行くなんて恥ずかしくてできない!」

必死にダイエットを勉強し、体組織計のデータとにらめっこしました。

そしてあるデータを見て、「おや?」と思いました。

「体は太いけど、この筋肉量ってこれで足りてんのか?・・」

そして、若いころの年齢の基準値データと見比べてみると、

「これだ~~~!!!」

デスクワークが多い人向けのダイエット法
デスクワーカー専用ダイエットで成功した人

このエントリーをはてなブックマークに追加