デスクワークでも痩せる!デスクワーカー専用ダイエットプログラム

なぜ私が

「食事量を半分に減らしたのに太った!」

のでしょうか?・・・

別ページで解説いたしました通り、

筋肉量が多い=消費カロリーが多い=痩せる・太りにくい

でしたね。

筋肉の材料である食事が減れば(内容も悪かった)、とうぜん筋肉量も落ちます。

となれば、

消費カロリーが少ない=エネルギーが余る=体脂肪として蓄えられ太る

のです。

そして、さらに一食抜いたりなどしてしまうと、あなたの脳は

「やばい!エネルギーがあんまり入ってこないぞ!もっと蓄えよう!しっかり吸収しよう!」

と判断し、以前よりも吸収力を高め、エネルギーを体脂肪としてため込もうとするのです。

そして、食事と食事の間隔が長くなると、その間に血液中のエネルギーは使い切って足りなくなってしまうわけですが、心臓も肺も脳も動きも止めるわけにはいきませんから、どこかからエネルギーを持ってこなくてはいけなくなるのです。

そこで、どこからエネルギーを持ってくるのか?

もし体脂肪をドンドン使ってくれれば、これは嬉しいですよね。

しかし、もしそうならば、あなたも私も苦労していません。

確かに体脂肪も使います。でも、メインで使うのは、実は

■筋肉を分解してエネルギーにしてしまう

のです。

さらに、食事量が少ない傾向が続くと、「ならば燃費の良い体にしよう!」と、筋肉をさらに削って余計なエネルギーを使わないような体に調整しようとするのです。

これが、『食べる量を減らしているのに太る原因』です。

もしくは、『太りやすくなった原因』と言ってもいいでしょう。

デスクワークが多い人向けのダイエット法
デスクワーカー専用ダイエットで成功した人

なぜ食べる量を減らしているのに太るのか』の解説ページです

このエントリーをはてなブックマークに追加