デスクワークでも痩せる!デスクワーカー専用ダイエットプログラム

エクササイズはダンベルを使ったものなども出て来ますが、
自重のエクササイズだけでは、ぽっこりお腹を解消するのは難しいでしょうか?

 

自重だけではトレーニング負荷がちょっと軽いです。または逆に重すぎたり、各個人のその時その時のレベルに合わせるのが難しいのです。

本来は、自重トレーニングはウエイトトレーニングよりも難しいのです。

腹筋を厚くしっかり固めることはできますが、内臓脂肪と皮下脂肪は、体全体でエネルギーを効率よく消費したり成長ホルモンをたくさん産生しないと、なかなか減っていきません。

特にお腹周りは最後まで残ります。

大きい筋肉である、足・お尻・大胸筋・背中が重要ですが、強く大きな筋肉ですので、特に男性の場合はトレーニング負荷を大きくした方が良いです。

それでも、「どうしても自重で」という場合は、

・片足スクワット(ブルガリアンスクワット)
・片腕だけの腕立て伏せ
・けんすい

など、なかなかの負荷になります。

ですが、お話ししたように、自重の場合は人によっては「難しすぎて出来ない」か「軽すぎて効果が薄い」のどちらかになりがちです。

それと、同じこと(負荷)をずっと続けるだけですので、トレーニング上の成長が分かりにくく、続けるモチベーションが湧かなくなってしまいます。

ダンベル等の場合は負荷が可変式で、扱える重量がドンドン上がっていきますので、その成長が楽しくなるんですね。

ということで、基本的にはダンベルをおすすめしたいですが、「食事で頑張るから」ということであれば、不可能ではないです。

もちろん、その分トレーニングは自重で根気よく続けて、負荷も調節する工夫をしないといけません。

それと、肩のサイドや腕など、バランスの良いカッコ良さは求められません。

けんすいも、近くに公園の鉄棒などがないと出来ません。(道具を買わないとしたら)

 

デスクワークが多い人向けのダイエット法
デスクワーカー専用ダイエットで成功した人

ダイエットの運動はダンベルを使わず自重ではポッコリお腹を解消するのは難しいでしょうか?』の解説ページです

このエントリーをはてなブックマークに追加