デスクワークでも痩せる!デスクワーカー専用ダイエットプログラム

私は多発性硬化症という難病を発症して一年になります。

体が不自由で、左足がうまく動きません。左半分はしびれています。握力もひだりは右の半分です。

うまく歩けない、杖がないと歩行できません。長距離の移動は車椅子です。

動かなくなった分、体重は増える一方です。

ステロイドの治療もあります。

減量して少しでも負担を減らしたいのですが思うように動かない体で、どうしたらよいのか分かりません。

こんな私にもできる方法でしょうか?

頑張っておられますね(^_^)

症状を伺いますと、現状では、プログラムにあるエクササイズをそっくりそのまま行うのは、やはり難しいと思います。

ですが、工夫次第で優しいレベルに調整することは可能です。

杖が無いと歩けないというのは、かなりの重症ですので、ご無理されてはいけません。

かと言って体を動かさないと、さらに筋肉量や代謝が落ちますし、運動不足によるストレスで食欲が刺激されたり、ストレスホルモンの影響でさらに筋肉が分解され血糖値が上がってしまいます。

プログラムは、最初の段階ではウエイトは使いませんので、握力は問題ないと思います。

(レベルの段階を設けていますが、「最後まで行かないと痩せない」という意味ではありませんので大丈夫です)

また、例えば足(お尻)系のエクササイズの場合は、杖で支えても良いですし、イスやテーブルに手をついて行っても良いです。

他には、両膝と両手を床について腕立て伏せをするようなエクササイズもありますが、これは「おじぎ」をするようなレベルですので問題無いと思います。

他にも、エクササイズに関しては、ご自分のできるように調整していただいて結構ですし、迷ったらご相談いただければアドバイスいたします。

そして、食事がとても重要です。

多発性硬化症では、おそらく医師からの食事制限は無いと思いますので、プログラム通りにできると思いますし、それほど特殊なやり方ではありません。

食材類は普通の物ですし、アレルギー等が無ければ、お体が不自由な方でも問題なく取り組んでいただけます。

それでは、これから頑張って続けていきましょう(^_^)

デスクワークが多い人向けのダイエット法
デスクワーカー専用ダイエットで成功した人

体が不自由でも出来るダイエットのエクササイズ』の解説ページです

このエントリーをはてなブックマークに追加