デスクワークでも痩せる!デスクワーカー専用ダイエットプログラム

このページでは、ダイエットが続けられない理由と、続けられるマインドセットについて解説いたします。

「でも、やっぱり続けられないんだよな~・・・」

「あたしネガティブ思考なんだ・・・」

「俺、実は根気が無いんだよな~」

そう、私も同じでした。お気持ちはよ~く分かります。

「全然やせねーじゃん!やってらんない!もうや~めた!」

そう言って何度もダイエットを止めてしまいました。でも、どんどん太っていく恐怖が消えるわけじゃないので、また別の方法を試す・・・

そうやってみんな悪循環にはまっていくのです。あなただけではありません。

実は、この『デスクワーク専用ダイエット』のプログラムを完成させる過程でも、大きな壁があったのです。

■それがダイエットの『停滞期』です

「停滞期は必ずある」ということを知っておかないから、その先にある『促進期』の楽しさ、「これで間違いなくやせれる!」という確信まで体験できないのです。

ということで、ここで『ダイエットの成長曲線』(私が勝手に作りました)のお話をしましょう。

 

体重・体脂肪の推移のグラフ

このグラフをご覧ください。

縦軸が体重・体脂肪の量です。横軸が月日の時間経過です。

しっかりした内容のダイエットを始めると、①のように最初にスッと体重が落ちる時期が、一週間から二週間くらい続きます。

でも、ここで落ちる理由なんですが、今まできちんとした運動をしてこなかったので、体には老廃物やムクミとして余分な水分がたまった状態なのです。それがしっかりした運動をすることで、抜けただけなのです。

■私は、これを『洗浄期』と勝手に名付けました(笑)

もちろん、体脂肪も少しずつは落ちるのですが、まだ筋肉量がドンドン増えるような段階ではありませんので、体脂肪が本格的に減っていくには、まだまだ時間はかかるのです。(無理に急いでも関節を痛めるのでご注意)

そして、むくみや老廃物が抜けてしまえば、筋肉量が増えて脂肪が減るまでは、体重はもうなかなか減りません。

その一方で、体は環境の変化に適応しようとします。

「あれ?糖分があんまり入ってこなくなったぞ!その割に消費が多いな!」

「これはエネルギーをもっとため込まないといけないぞ!」

と、脳が判断し、少しリバウンドしてしまう時期があります。

これが②の『停滞期』です。

■ここが本当に不安で、苦しくなります

「こんなに運動してるし、食事も変えたのに、俺の体はおかしくなったのか?!」

と発狂しそうになります。そして止めたくなるのです。

でも、ここで一喜一憂しないで続ける必要があるのです。なぜならば、筋肉量というのは、そうそう簡単に増えるものではないからです。

あなたの筋肉だって、デスクワークと加齢で徐々に徐々に少しずつ減ってきたわけであって、減るのも増えるのも、急激には変化しません。

でも、正しいメニューでエクササイズを続ければ、必ず筋肉量が増えてくる時期が来るのです。

そこまで行くと、今度は

■ビックリするくらいのペースで体重・体脂肪が減っていく

のです。

それが③の『促進期』なのです。これも私が勝手に名付けました(笑)

もうこの時期は楽しくてたまりません。

自信もついてくるし、「やってきたことが正しかったんだ!」と確信に変わるのです。

早い方は1カ月ちょっとで来ます。ゆっくりペースで始めた方は、2カ月くらいかかるかもしれません。

でも、あなたは今まで何年も苦しんできたんですから、たった2カ月なんて頑張れますよね。

この素晴らしい『促進期』は、間違いなく、あなたにもやってきます。

そうして促進期が続いた後、体重・体脂肪が安定する時期がどこかで来ます。

これが④の『安定期』です。

あなたの今の食事量、食事の内容、運動の負荷、運動量によって、それに適応した体になるからです。

決まった食事や運動を続けて安定した後は、それを変えない限り、それ以上にもそれ以下にもなりません。(長い歳月では加齢による変化はあります)

そして、そこからまだ変えたい場合は、食事量、食事の内容、運動の負荷、運動量によって調整していきます。

まずは、この『安定期』にたどり着くことです。

「あ~、この食事で、この運動で、続けるとこうなるんだな♪」というラインを知っていただきたいのです。

あとはお好みで、もっと筋肉を大きくしてさらにマッチョで男らしい体にしても良いですし、もっと体脂肪をしぼってスリムになっていただいても良いですし、「体型はもう良いからとにかくもっと食べたい」、でも良いわけです。

あなたが、何を・どこまですれば・どうなるのか・・・

あなたにしっかり結果を出していただくために、

具体的に細かくプログラムを組み、

『デスクワーカー専用ダイエット』を完成させました。

デスクワークが多い人向けのダイエット法
デスクワーカー専用ダイエットで成功した人

ダイエットが続けられるマインドセット方法』の解説ページです

このエントリーをはてなブックマークに追加