デスクワークならデスクワーカー専用ダイエットで痩せる!

ダイエットのために水を飲んでいる人まずジュース全般、最低でも筋肉量が回復するまでの3か月の間は止めましょう。

プロテインドリンクは十分美味しく、ジュース代わりになりますので、基本は真水を飲んでいただきたいですが、どうしてもジュース類が飲みたい時は、プロテインドリンクです。

お茶全般とコーヒーですが、砂糖やミルクを入れずにブラック、ストレートティーとして飲むならばOKです。

カフェインは脂肪燃焼効果がありますし、コーヒーはクロロゲン酸が含まれていて、抗酸化作用のほか、脂肪の蓄積を抑える効果がありますので、飲んで良いだけでなくサプリメントなんかにも含まれたりしています。

ただし、カフェインの摂りすぎはアドレナリンが枯れて集中力が途切れてしまったり、ストレスの原因にもなりえます。

仕事やエクササイズにも影響が出るといけませんので、一日2杯くらいを限度にしましょう。

それと、クロロゲン酸は高熱に弱いですので、沸騰したお湯はそのまま使わず、80度くらいに少しだけ冷まして使うと良いです。

また、このコーヒーのダイエット効果を利用するために、トレーニング直前やトレーニング中にコーヒーを飲む方もいらっしゃいますが、私が実験した限りではハッキリとした効果は確認できませんでした。

私は、コーヒーは食後など、好きな時に飲むようにしています。トレーニング中は真水が一番です。

最後にお水ですが、目安として一日平均2リットル飲むようにしましょう。

『水分』ではなく、真水です。ジュースやお茶水分は除きます。

冬は2リットルまでさすがに飲めないので、1リットル。逆に夏場は足りないので3リットルです。

ポイントは、朝一とトレーニング中にしっかり飲むことです。

もちろん、デスクワーク中もマメに飲みましょう。

オシッコの回数を気にして、大人は水をあまり飲まないようにしている方が多いですが、そうしてしまうと、汚染物質や疲労物質、ウイルスが体外に排出できず、また身体は水分の不足を補うために便や尿から再び水分を吸収しようとしてしまいます。

これは健康にもダイエットにも非常に良くありません。

水を飲んで→汗や尿・便や呼吸で排出する。

これだけでも立派な代謝になっていて、カロリーも消費しています。

水は日本ならば水道水で十分です。無理に高価なミネラルウォーターや浄水器やウォーターサーバーを買う必要はありません。

現在の日本の水道水はレベルが高いです。

売っている水だって、結局は設備やボトルを消毒していますから、塩素・フッ素をいちいち気にしてもしょうがないです。浄水器のフィルターだって化学製品です。その成分を水が取り込んでいます。

現代の地球に生きている限り、100%天然で安全なものはもうありません。

太平洋のど真ん中でも、アマゾンの密林のど真ん中でも同じです。化学成分が検出されています。

デスクワークが多い人向けのダイエット法
デスクワーカー専用ダイエットで成功した人

ダイエットと水・コーヒー・お茶・ジュースの解説』の解説ページです

このエントリーをはてなブックマークに追加